広瀬
わたしも還暦が近づき、健康と同時に見栄えも考えるようになりました。そこで本日は、美育ミネラルとは 何か?ミネラルは体にどれだけ必要なのか?をお聞き致します。
八藤
栄養のバランスで一番重要なのはミネラルであり、ビタミンです。現代の食生活ではタンパク質、脂肪、糖質が多すぎます。ビタミン、ミネラルを多く摂ることで、余分な栄養素の消費効率を良くします。消費効率を上げるには、食べた分だけミネラルが必要です。不足していれば、消費できなかった分は、体に蓄積されます。脂肪は、 運動も適度に取り入れ、燃やして消費しなければ、また固まります。
広瀬
では、ミネラルは、美容的には どんな影響、効果がありますか?
八藤
歳を重ねると保水性が悪くなります。筋肉繊維も他もカルシウムがつなげています。ミネラルがリッチになれば、体の中で保水性が高まるアミノ酸構造をつくってくれます。
広瀬
水も買う時代になっていますが、ミネラル水に違いはあるのでしょうか?
八藤
日本の水は 80%が軟水なので、ミネラルは不足しています。硬水にはミネラルが多く含まれますが、それは炭酸カルシウムで、水の中でイオン化できていない消化吸収できないカルシウムです。
広瀬
イオン化とは、どういうことですか?
八藤
ナノ以下の世界で細かい粒子になっているときがイオン化という状態です。吸収が悪い原因は、細胞のイオンチャンネルという穴に入れるサイズではないからです。細胞に入れるサイズがイオンの状態です。それが水に含 まれると消化吸収できる水の状態になるのです。人が飲む水は1日に2.前 後で、1日に2.5.排出しています。尿、便、吐く息、汗の排出量が約2・5.。つまり、その分だけ補給する必要があ るのです。体の中で水の代謝が行われ、水の出入りがあるということは、栄養素も動けば出入りしています。不足分 を補わないとひずみが出て体の調子は 悪くなります。
広瀬
世間で騒がれているPM2・5のような物質を防御できる役割などもあるのですか?
八藤
粒子によりますが、その周りを ミネラルコーティングすれば外に出しやすくなります。人体の毒物もカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛が解毒しています。解毒=中和ですが、酸はミネラルで中和すると溶かす能力がなくなり、毒を排泄します。毒を排泄するためにもミネラルリッチのほうが良いのです。食品があふれる現代では、特にミネラルが必要なのです。
広瀬
美育講座は、正しい情報を自分なりに理解できるようになるのが魅力だという気がします。
八藤
この60年間、様々な人の食事の状態を研究し、結局不足しているのはミネラルだけで、生活一般の中で栄養状態を調べてみてもミネラルだけは、 過剰になったことがありません。これは、全世界共通です。
広瀬
講座を受講することで正しい美育の知識を人に伝えられるようになりますか?
八藤
少しでも多くの方にイオン化ミネラルの重要性を伝えていただくことが、講座の目的です。そして、ミネラル不足を解消していただき、いつまで も若く元気に美しく暮らしていただきたいのです。
広瀬
受講したことを人に伝えるには、 自分が一番健康で綺麗じゃなければいけないと思いました。10 歳若く見えるように日々の努力と勉強した正しい情報を実践していくことが必要ですね。
八藤
自分が実践して、ミネラル体験をし、自分で変化を実感すれば楽しくなります。目に見えて変わることがわかったら、人にも伝えたくなります。
広瀬
美育講座がスタートして多くの方が受講し、広まることで人がいつまでも若く、美しく健康になる。というところに大いに期待をするのですが、 最後に美育とは何でしょうか?
八藤
身を美しくすると書いて「躾」 しつけといいますが、それが美育なのです。自分で自分を躾る。そして、健康になり、活発で楽しく明るい生活を送ってください。できていない消化吸収できないカルシウムです。

お肌の水分・油分・ハリ・免疫力などを測る機械ではじめてパーフェクトに近い数字が出ました。

ミネラルとの出合いは、パーティの席上でイオン化ミネラル入りの美容液と美容機のご講演を受けたことがはじめでした。講演の中でお化粧の上から美容液を塗り美容機を体験しました。最初は、顔の半分だけを試す形で、右と左の顔がどれだけ変わるかの実演でした。
「ほら!変わっただろ!」との先生の言葉に会場は、微妙という反応と「ほんとだ!変わった!」の半々 の意見でしたが、わたし自身も変わったことは、そのときはよくわかりませんでした。それ以降、毎朝洗顔の後に美容液を塗り、1、2分ほど美容機を使用していました。すると、1、2ヶ月ほどして、周りの人から「若くなった」「顔の感じが変わったわね」という声をよく聞くようになりました。
わたしは、10年ほどある化粧品メーカを愛用しておりますが、美容部員の方に、お肌の水分、油分、ハリ、免疫力などを測る機械で定期的に肌チェックをしてもらっています。イオン化ミネラル入り美容液を使用してから1~2ヶ月経ったころ、パーフェクトに近い数値が出るようになりました。
水分、油分に関しては、年齢のわりにとてもよい数値になり、免疫力、 ハリに関しては、まだ足りないところはありますが、ハリに対する成分も加えていけば、パーフェクトになるだろうと先生に言われ、もっと肌の改善ができることに期待しております。
水野久美子さん(57歳) 認定講座プロデューサー

日本イオン美育機構の講座を受けてカルシウムの大切さを再確認しました。

 きっかけは、今年の1月に日本イオン美育機構の講座を受けたこと。 化学的な理論をもとに人に教え、まわりも健康にできる物があるということを聞き、講座に参加しました。 食べもの、飲み物には、亜鉛入りのイオン化ミネラル。野菜や肉、魚の調理をするときは、ミネラル調理液を使用しています。
ミネラルは、食べても吸収されないもので、イオン化 されたミネラルなら飲めば吸収される。カルシウム不足は、体に様々な害を与えることなどが解りやすく学習できました。イオン化ミネラルは、日常の食事時に家族で習慣的に調味料などにも加え、使用している ので、抵抗なく摂れ、良い物をとりいれていることが心の支えにもなっています。
女性には特にカルシウムが大切だということで、骨粗鬆症の予防やイライラの解消にも良いようです。我が家のビーグル犬は、14才ですが、餌にイオン化ミネラルを混ぜていたら、近頃元気に走り回るようになった気がします。女性陣は、塩素がお肌に良くないと、ミネラル液を洗面器に入れ、洗顔水にも使っているようです。
カルシウムは、単に牛乳を飲むだけでは摂れないこともわかったので、人にも伝えたいと思っています。
長く生きるためには、ボケない、寝たきりにならない。歩くときには胸を張って、手を振って、元気に歩く。スポーツを続ける。私は月2回ジムに通い、1時間位マシン運動をしています。

「デコ寿司」「デコ巻き寿司」のご飯に イオン化ミネラルを活用しています。

 イオン化ミネラルとの出合いは、1年ほど前に知人からサンプルをいただいたのがきっかけでした。大阪でデコ巻きずしの講師をしていますが、イオン化ミネラル液をお米を炊くときに利用しております。利用していなかったときと比べると、ご飯はふっくらと炊け、見た目も量が多くなったように感じます。お寿司は、お酢合わせが肝心で失敗するとご飯がべたついてしまいますが、水分調節もうまくいくのか、イオン化ミネラルをお酢合わせのときに混ぜるとべたつきません。ご飯を保温したまま置いておくと黄色くなってしまいますが、イオン化ミネラルを入れて炊いたご飯は、いつまでも白く長持ちしています。また、栴檀(せんだん)入りのミネ ラル液は、口内炎のときや講師の仕事柄、喉のためによく利用しております。
いつも若く、元気にいるためには、くよくよしないこと、よく笑うこと、プラス思考で、嫌なことはすぐ忘れること。好きな仕事をやっていること。楽しくいることが健康に若さを保つ秘訣だと思います。


マノクッラセ エミ代表取締役
恒岡 恵美さん(50歳)

使い始めたきっかけは畑の土壌改良。ほうれん草の根が普通の3倍に。味も良くなりました。

 水でこれほど変わるのかと思い、 どんな水を飲んだら良いのか?どんな水を化粧品に使うべきなのか?と考え、イオン化ミネラルを利用するようになりました。お米を炊くときに使えば、ご飯はふっくらとなり、安いお肉は高級なステーキに。煮詰まったコーヒーが淹れたてのようになったときは驚きました。シャンプー剤やコンディショナーにも入れています。枝毛の悩みも解消され、歯槽膿漏になりそうだった歯茎もハミガキに混ぜて使っていたら、丈夫になりました。
花粉症のときは、綿棒で鼻の中につけます。背中が痛い時は原液をつけて和らげています。また、ホルモンの低下が原因で起こる甲状腺の病気にかかりましたが、ホルモン剤と亜鉛のミネラル液を併用することで、 数値も安定してきました。当サロンでは、フェイシャル後のクレンジング剤ふきとりの水に入れていますが、汚れもしっかり落ち、保湿もできます。
お肌の弱い方でも7年間トラブルなく、喜んでいただけております。お客様の大事なお顔ですから、これからも良いお水をご提供したいと思っております。

マダム・グレイス
フェイシャルセラピスト
彦田 静穂さん(47歳)

ダンスを続けていたので、姿勢がいいとよく言われます。年の割に、髪も歯も元気ですよ。

  • 広川絹子さん(83歳) 神奈川県在住

 18 年前に横須賀の友人に紹介され、イオン化ミネラルを知りました。最初にシャンプー、リンスに混ぜて使ってみたのですが、洗いあがりがふんわりとして、髪の毛がフサフサになり、それがきっかけで、それからは、歯磨きの時にも原液を歯ブラシにつけて毎日磨いていました。
使い始めてからは、虫歯にもなったことはなく、歯茎もピンク色で丈夫なため、歯医者さんでも何をやったらこんなに綺麗なのか?と驚かれました。バナナにイオン化ミネラル水をスプレーすると甘味が全然違って友人も不思議がっていました。さつまいもなどの天ぷらでは、粉に混ぜたら火のとおりも早くカラッと美味しい天ぷらができます。転んで腫れた手にも軽く叩くようにつけたらすぐ治ってしまい、毎日の家族の食事や飲み物にも習慣的に利用しています。家族も健康にいられて、毎日心も体もいいことをして気持よく過ごせています。